作業服/作業着やつなぎ服・安全靴の激安通販なら衣料百貨大槻へ

作業服販売・白衣販売・安全靴販売・つなぎ服販売★衣料百貨大槻 作業服作業着の専門店/衣料百貨大槻』のホームページにお越し頂き、誠に有難うございます。
当店は、作業服や作業着をはじめとして、つなぎ服などワーキングユニフォームを激安販売する
作業服専門ネット通販ショップです。
社名刺繍加工無料安全マーク縫付加工無料ズボン裾直加工無料
オリジナルワッペン製作や各種プリント加工も激安
休日/土曜・日曜・祝日   営業時間/9:00〜19:00      各メーカー作業服カタログ 全国無料お届け致します。
TEL 作業服の販売/衣料百貨大槻の電話番号 0120-33-2420        FAX 作業服の販売/衣料百貨大槻のFAX番号 0120-26-1164       E-mail:info@otuki.net
ご注文・御見積・お問合わせは、TEL、FAX、E-mailにて。
当ホームページでご紹介していない商品も数多く取揃えております。メーカー・品番・品名・品色・サイズ・数量 をご連絡下さいませ。◆
T O P
ご 挨 拶
お問い合わせ
初めてのお客様へ
お届け方法と運賃
代金支払方法
返品と交換
リンク
個人情報の保護
特定商取引事
社名刺繍・安全マーク縫付・スポン裾直し<無料>
★社名刺繍無料
★安全マーク無料
★ズボン裾直し無料
★プリントも激安
サイト内検索
※貴社ロゴマーク・貴社名・キャラクター プリントも激安にて承ります。
工事用ヘルメットの取扱説明
はじめに
●保護帽を使用する前に、この取扱説明を必ず最後までお読み頂き、十分理解した上でご使用下さい。
●保護帽は、法律(労働安全衛生法)で定める危険な作業場所や、これに準ずる場所や作業で頭部を保護するために使用するものです。
●保護帽は、労働省の規格「保護帽の規格」に適合するもので、型式検定合格品には「労・検」のラベルが貼付されています。
●「労・検」のラベルに記載されている「飛来・落下物用」とは、上方からの物体の飛来又は落下による危険を防止又は軽減するためのものです。「墜落時保護用」とは、倉庫に積まれた荷の上、車両の上等の、足場あるいは安全帯が使用できない場所からの墜落による危険を防止若しくは軽減するためのものであって、構築物や電柱等のような高所からの墜落による危険までも防止できるものではありません。
 「電気用」とは、使用電圧7,000V以下で頭部感電による危険を防止するためのものです。
●労働省の「保護帽の規格」は、頭部の安全を確保するための最低限度の基準を定めたものであって、自ずから保護性能には限界があります。従って「労・検」のラベルは絶対的に安全性を保障するものではありません。使用に当たっては最大限の注意を払い、常に安全な作業ができるように、この取扱説明に従ってご使用下さい
警告・注意の意味(安全上大切なお知らせ)
この取扱説明で示してある警告及び注意の意味は、次のとおりです。
この取扱説明の内容どおり正しく守らないと、生命又は頭部に重大な損傷を及ぼすことを意味します。
この取扱説明の内容どおり正しく守らないと、頭部に損傷を及ぼすことを意味します。
警告・注意
(生命又は頭部に重大な損傷を及ぼすことを意味します。)
1.「労・検」ラベルが貼付されていない保護帽は使用してはなりません。
2.ラベルを確かめて、作業に合った種類の保護帽を使用して下さい。
3.一度でも大きな衝撃を受けたら、外観に異常が無くても使用しないで下さい。(衝撃を受けた保護帽は性能が低下しているので、次に衝撃を受けたとき頭部を十分に保護することができません。)
4.電気用保護帽は、6箇月ごとに耐電圧性能の定期自主検査を行って下さい。(安衛則351条)
5.アゴひもは必ず正しく締めて着用して下さい。(事故のとき保護帽が脱げて、頭部に重大な傷害を受けます。)
6.保護帽を改造あるいは加工したり、部品を取り除かないで下さい。(保護帽は、各部品の全体のバランスで性能を発揮できるように設計されています。改造したり部品を取り除くと頭部が保護できなくなります。)
7.保護帽を「保護帽の20のチェックポイント」によって点検し、チェックポイントと符合するものはただちに廃棄し交換して下さい。
8.使用期間が長い保護帽は使用しないで下さい。特に帽体の材質を確かめて、PC,PE,ABS等の熱可塑性樹脂製の保護帽は、異常が認められなくても2〜3年以内、FRP等の熱硬化性樹脂製の保護帽は4〜5年以内に交換して下さい。
9.着装体は消耗品です。1年位で交換してください。構成される部品に劣化、異常が認められた場合は直ちに交換して下さい。保護帽は、時間の経過と共に性能が低下します。保護帽は、くり返しの衝撃、薬品、紫外線、高温・低温等の過酷な条件下において使用されるために、見た目以上に劣化か進んでいることがあります。性能が低下してしいる保護帽は、緊急の危険に際して保護性能を発揮することができません。(機能や性能に影響を与え、保護帽本来の性能を損ない、頭部に損傷を及ぼします。)
1.ヘッドバンドの調節が悪いと、使用中ぐらついたり脱げやすく、保護性能を十分に発揮することができません。
2.メーカー指定以外の部品、付属品を取り付けないで下さい。(機能が低下したり、性能が損なわれます。)
3.着装体、アゴひもが汚れた時は、交換して下さい。交換するために組み立てるときは、完全に元どおりに組みたてて下さい。
4.交換のために部品を取り外したときは、部品類を紛失しないよう注意して下さい。部品類を紛失したときは、他の部品と代替えしたり、部品不足のまま使用してはなりません。(性能が損なわれます。)
5.炉前、乾燥炉内、投光器のすぐ近く等のような高温な場所での長時間作業はしないで下さい。(材質が変質し、変色や変形を起こし、性能が低下します。)
6.夏季の自動車内や暖房器の近く等のような50℃以上の高温になる場所や、直射日光のあたる場所に長時間放置しないで下さい。(材質が変質、変色や変形を起こし、性能が低下します。)
7.メーカ一指定以外の塗料を用いて帽体の塗装をしないで下さい。(帽体の材質が侵され、性能が低下します。)
8.保護帽に腰掛けたり、物を入れて運んだりしないで下さい。(保護帽が変形し、着装体、衝撃吸収ライナー、帽体等を傷つけ性能が低下します。)
9.保護帽を床等に放り投げますと、衝撃で帽体の材質を傷め性能が低下しますので、保護帽は丁寧に扱って下さい。
10.メーカー指定以外のラベル、ステッカー類等の貼付をしないで下さい。(薬品、粘着材等によって帽体が侵されたり、耐電圧性能が低下します。)
11.帽体の汚れは中性洗剤を湿した布で拭き取り、清水ですすいだ布で拭いて下さい。(ベンジン又はシンナー等の有機溶剤の使用は、帽体の破損、クラック、表面の溶け、シール剥がれの原因となり、また衝撃吸収ライナーの材質を傷めます。)

ヘルメットTOPページに戻る



Copyright(©)OTUKI.NET. All Right Reserved.